噛み合わせと矯正歯科

噛み合わせと矯正歯科について

矯正歯科で顎関節症の問題を軽減

歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪かったりすると、物をうまく噛むことができなかったり、食べ物のカスが詰まって虫歯になりやすかったりします。また、きれいな発音ができなかったり、顎関節症になることもあります。矯正歯科では、歯並びを矯正することで、これらの問題を軽減させることができます。小さい子どものころから行うと良いとされますが、大人になってからでも矯正は可能です。また途中でやめてしまうと、また元に戻ってしまうので注意が必要です。矯正歯科ではなく、普通の歯科でも矯正は可能ですが、実績が豊富なほうが安心できます。

顎関節症は矯正で改善するかも

矯正歯科での歯列矯正というと、主に見た目をよくするためのものと考えられがちです。確かに見た目がよくなるということが主な目的で矯正を行う方も多くいますが、実はそれだけではありません。顎関節症などの影響でかみ合わせが悪く、食事に支障があったりする場合にも、矯正歯科で矯正治療をすることによって症状が改善することもあります。残念ながら保険が適用されることはほぼないようですが、そうした病気の治療目的でも矯正というのは行われています。もしそうした症状があるということならば、見た目の問題だけでなく相談しにいってみてもいいでしょう。

↑PAGE TOP